あれあの備忘録

アプリ作成の備忘録、IT関連のニュースなどなどいろいろ

PHPでtwitterAPI1.1を使ってツイート取得、取得したデータを確認する

初カキコでいきなりだけどtwitterアプリ作ってます。

 

第一段階としてtwitterからツイートを取得する必要があるのですがその各手順をメモをまとめておきます

 

① まずはtwitterAPIを使うためにOAuth認証キーを取得します。

詳しいやり方は↓

http://blog.livedoor.jp/prjtriton/archives/21934460.html

 

② twitteroauthをダウンロード

https://github.com/abraham/twitteroauth

 

③ ②の中身を展開しtwitteroauthフォルダの中の2つのphpファイルをサーバにうp

 

④↓のソースコードをサーバにうp

 
<?php
    require_once('./twitteroauth.php');
    
//Twitterで検索するワード
$key = "なう";
 
//オプション設定
$options = array('q'=>$key,'count'=>'100','lang'=>'ja');
 
//twitterAppsで取得
$consumerKey = "*****"; // Consumer keyの値
$consumerSecret = "*****"; // Consumer secretの値
$accessToken = "*****"; // Access Tokenの値
$accessTokenSecret = "*****"; // Access Token Secretの値
    
$twObj = new TwitterOAuth(
    $consumerKey,
    $consumerSecret,
    $accessToken,
    $accessTokenSecret
);

$json = $twObj->OAuthRequest(
    'https://api.twitter.com/1.1/search/tweets.json',
    'GET',
    $options
);

$jset = json_decode($json, true);

//取得したツイートを1件ずつ表示
for ( $i = 0; $i <= 100; $i++ ) {
		$name=$jset["statuses"][$i]["user"]["name"];
		$link=$jset["statuses"][$i]["user"]["profile_image_url"];
		$ttext =  $jset["statuses"][$i]["text"];
		$time = date("Y-m-d H:i:s",strtotime($jset["statuses"][$i]["created_at"]));
		
		if($tid!=null){
		echo "<img src='".$link."''>"." | ".$name." | ".$ttext." | ".$time;
		echo "<br>";
		
		}
}

//JSONファイル出力
$filename = "json.json";
file_put_contents($filename, json_encode($jset));
?>

twitter側から返ってきたjson(ファイル名:json.json)をサーバに出力しています。

この中身を確認するときに役立つのがchromeのプラグイン、JSONView

http://20kaido.com/archives/7286095.html

xmlすらまともに触ったことのないのにjsonの解読なんて・・・そんなふうに考えていた時期が僕にもありました。 

このプラグインを通してjsonを見るとハードルが一気に下がります。

jsonを見て諦めた方(多分僕だけだけど)

とりあえず導入してみてくださいな。